3・6・9・12月1日は「防災点検の日」です。

災害による被害を最小限にとどめるためには、一人ひとりの防災意識はもちろん、周りと協力して備える必要があります。

では、ご家庭でどんなことを点検すればよいのでしょうか?

▼ この記事の目次

家庭でできる防災点検の基本

ご家庭では、建物や家具類の震災対策、防災用品の備え、緊急時の避難行動や連絡手段を確認しましょう。

  • 家屋の耐震化・耐震補強等の安全確認をおこなう
  • 家具の固定、火災報知器・消化器の備付、ガラス飛散防止などを確認する
  • 防災用品(家族構成に合わせた備蓄量)を準備する
  • 防災マップ・避難マニュアル等を用いて避難経路を確認する
  • 災害時の家族や知人との緊急連絡方法、災害用伝言ダイヤル「171」、災害用伝言版を確認する

 

避難所に向かうことだけが避難行動ではありません。

自治体による避難勧告が発令される前に、既に大規模な水害が発生していたり、避難経路が寸断される恐れもあります。

より適切な避難行動をとるために、どのような準備が必要でしょうか?

家族で「避難スイッチ」を決める

避難スイッチ

2018年の西日本豪雨では、住民たちが事前に決めた「避難スイッチ」のおかげで、一人も犠牲者が出なかった地域もあります。

行政からの情報だけを頼りにするのではなく、家族や近隣の住民と「避難スイッチ」を決めて、災害が起きる前にスイッチを入れられるように準備しましょう。

3つの「避難スイッチ」

その1「行政による避難情報」

「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始情報」、「警戒レベル4 避難勧告・避難指示」などが発令されたとき

その2「周辺環境の異変」

雨の量や強まり方、川の流れ、水路の増水、泥の臭いがするなどの異変に気付いたとき

その3「他者からの働きかけ」

自分はまだ大丈夫と思って避難しなかったが、近隣の住民が避難し始めたときや、「一緒に避難しよう」と声かけがあったとき

参考:京都大学防災研究所 竹之内健介「防災スイッチって、何?」2020年4月発行

スマートフォンの機能を活用する

スマートフォンを持つ手

もしも災害時や避難中に倒れてしまったら…。救助員や周囲の人に、自分の健康状態や薬の服用状況などを伝えるのは難しいことです。

そんな時こそ、毎日持ち歩いているスマートフォンを活用しましょう。

スマートフォンには「緊急時情報」という機能があります(※iPhoneの場合は「メディカルID」という同様の機能があります)

この機能は、スマートフォンのロックを解除しなくても、現在服用している薬・血液型・アレルギー・臓器提供・本人の緊急連絡先などを参照することができるものです。

もちろん、個人情報の漏洩が気になる場合は、すべての情報を入力する必要はありません。さっそく使い方を詳しく見てみましょう。

スマートフォンの緊急時情報を設定する

①「設定」から「システム」をタップします
②「端末情報」から「緊急時情報」をタップします
③ 「情報の編集」をタップして、必要な情報を入力します(全てを入力する必要はありません)

※端末機種によって表示画面が異なる場合があります。

スマートフォン画面

すると、次のような緊急時情報が完成します。

⑥ 「+連絡先の追加」の画面から、必要に応じて、家族やかかりつけ医療機関の連絡先を登録します

連絡先を登録すると、スマートフォンを拾った人がその連絡先に発信することができます。例えば、かかりつけの病院に電話するなど。

スマートフォン画面
⑦ スマートフォンを拾った人は、ロック画面下にある「緊急/情報」から緊急時情報をタップすると、あなたの健康状態などを確認することができます

持病がある方、継続的に薬を服用している方などは、万一に備えて登録すると良いでしょう。

災害時のトイレ問題について考える

男女マーク

実際に被災された方々を対象にした「災害時に困ったこと」のアンケート結果によると、第1位が「災害時のトイレ問題」とのこと。

災害により電気や上下水道が寸断されると、家庭の水洗トイレが使用できなくなることもあります。

食糧や水確保ばかりが注目されがちですが、災害時のトイレ問題はとても重要です。トイレを我慢することで健康被害につながる恐れもあります。

災害用トイレセット

出典:ASKUL

水が無くても使える災害用トイレは、凝固剤で汚物を素早く固めるタイプが主流です。

「マイレット 災害用トイレセット」は、ご家庭やオフィスなどトイレが備わっている場所であれば、便器に袋をかぶせるだけで誰でも簡単に使えます。

組立式トイレ茶色

出典:Amazon.co.jp

最近では組み立て式の簡易トイレも人気。段ボール素材でできたもの、プラスチック製、折り畳み式などさまざまな種類があります。

屋外や車などトイレが備わっていない場所や、地震などによりトイレが損壊してしまった時に便利です。災害用備蓄品として用意するとよいでしょう。

マンホールトイレについて学ぶ

私たちが住む町にも、トイレとして使える物があることをご存知でしょうか?

いざという時に知っておきたいのが「マンホールトイレ」です。

糸魚川のマンホール

マンホールトイレとは、その名の通り、上下水路にあるマンホールを災害用トイレとして使用するもの。

「道の真ん中で用を足すのはちょっとハードルが高いのでは!?」と思われるかもしれません。しかし、最近のマンホールトイレは進化を続けています。

上部にテントのような覆いや専用の便器を設置することができ、被災時も快適なトイレ環境をつくる工夫がされています。

簡易トイレ

中にはテントが固定できる仕様になっているものもあり、キャンプさながらの本格的な環境です。

トイレとテント

何事も事前準備が重要。避難所や施設周辺にトイレがあるか、自宅の周辺にマンホールトイレを設置できる場所があるかを確認しましょう!

災害には地震や台風、津波だけでなく、森林火災や土砂流入などさまざまな種類があります。

豪雨で水害が発生したら?

大雪で家から出れなくなったら?水が出なくなったら?

台風で電線が切れたり、落雷で停電したら?

災害の種類や規模が違えば、防災方法も違ってきます。いざというときに役立つように、身の安全を守る方法、防災用品の点検を定期的におこないましょう。