薬局のサービスに関するご質問

処方せんについて

「処方せん受付」の表示がある薬局であれば、全国どこの薬局でも処方せんを受け付けてもらえます。

ホウライの薬局では、全国どこの処方せんでも持ち込んでいただけます。処方されたお薬の在庫が無い場合は、お取り寄せ致します。

4日以内に薬局へお持ちください。

処方せんの有効期限は、原則として交付日を含めて4日間以内とされています。この4日間には土日・祝日も含まれますので、長期休暇等で有効期限内にお薬を受け取ることができない場合は、あらかじめ医師や薬剤師にご相談ください。
また、電子お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」をご利用いただくと、スマートフォンから処方せんを薬局へ送付するだけで調剤を予約できるので、お受け取りがスムーズになります。

事前にファックスでお送りいただいた場合でも、処方せんには処方せん交付日を含めて4日間の有効期限があります。

お受け取りの際は必ず処方箋原本をお持ちのうえ、有効期限内にご来局ください。

処方せんがなくても、いつでもご利用いただけます。

地域の皆さまの健康づくりを支援するため、薬剤師がいつでもお薬や健康に関するご相談を承っております。ご自身やご家族の健康について少しでも気になることやお困りのことがございましたら、お気軽にホウライの薬局へお立ち寄りください。

お薬手帳について

お薬手帳は患者さまの「お薬の記録」です。お薬の名前や服用量だけでなく、お薬による副作用やアレルギーなど、患者さまの健康を守るために重要な情報が記録されています。
また、お薬に関する質問やお困りのことを記録することで、医師や薬剤師へ情報を伝える連絡帳としても役立ちます。
はい、どこの薬局のお薬手帳でも使えます。

ただし、お薬手帳を何冊も持っていると薬の履歴管理が難しくなってしまうので、お薬の情報を1冊にまとめることが重要です。電子お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」なら、持ち忘れてしまいがちなお薬手帳をスマートフォンで簡単に管理できます!

外出先での体調不良や、医療機関の受診に備えて持ち歩きましょう。

急な入院、事故、災害時にも、お薬手帳があることで適切かつ迅速な治療を受ける助けになります。特に持病をお持ちの方は、万が一に備えて常に持ち歩くことが大切です。
持ち歩くのが面倒という方には、便利な電子お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」のご利用をおすすめしています。

かかりつけ薬剤師について

はい、原則としてかかりつけ薬剤師が対応いたします。

急な体調変化や、休日・夜間に診察が必要となった場合もかかりつけ薬剤師がサポートいたします。万が一、状況により他の薬剤師が対応させていただく場合は「かかりつけ薬剤師指導料」は発生しません。

かかりつけ薬剤師をもつメリット

はい、変更できますのでお申し出ください。

1ヶ月単位で変更可能となるため、月内の変更はできません。

在宅医療について

お近くのホウライの薬局、または、主治医や担当ケアマネージャーにご相談ください。

詳しいご利用手順については「ホウライの在宅医療」をご覧ください。

ホウライの在宅医療

在宅訪問には、訪問管理指導の料金 お薬代 がかかります。
現在利用されている保険の種類や居住者人数、お薬の種類によって異なります。下記表をご参考ください。

1割負担の場合医療保険介護保険
単一建物居住者の人数在宅患者
訪問薬剤管理指導
居宅療養管理指導
1人650円509円
2~9人320円377円
10人以上290円345円

2019年9月時点
※公費等により負担金が変わる場合があります。
※医療・介護制度に基づき、居住環境や保険負担割合によって負担費用が変わります。
※麻薬管理が必要な場合、下記料金に1割負担の方は100円、3割負担の方は300円が加算されます。
また、6歳未満の乳幼児に関しては、200円が追加されます(自己負担2割の場合)。

ホウライの在宅医療

お会計について

ご利用できる店舗とできない店舗がございます。

一部店舗を除き、クレジットカード、電子マネー及び交通ICカードでのお支払いが可能です。店舗一覧から、各種お支払い方法を利用できる店舗をご確認いただけます。

領収書の代わりに一部負担金証明書を発行することができます。

領収書は医療費控除の申請に必要ですので大切に保管してください。
もし紛失された場合には、薬局の負担金を証明する「一部負担金証明書」を発行することができますのでお問い合わせください。

ご返却いただいても、返金はできません。

一度、患者さんの手に渡ったお薬は安全性に問題があるため、再利用ができません。
継続して薬物治療を行っている方は、残ったお薬をお薬手帳と一緒に薬局へお持ちください。薬剤師が医師に問い合わせて、お薬の処方量を調整してもらうことができます。また、余ったお薬の処分にお困りの場合、医療廃棄のご相談にも乗りますのでお気軽にご相談ください。

お薬に関するご質問

お薬の服用について

食前は、食事の1時間~30分前。食後は、食事の後30分以内。
食前とは胃の中に食べものが入っていない、食事の1時間~30分前のこと。食後に吸収が悪くなるお薬や、食前に飲むことで高い効果を発揮するお薬などが多いです。
食後とは胃の中にまだ食べものが入っている、食事後の30分以内のこと。胃に負担がかかりやすいお薬や、食事と一緒に服用したほうが吸収されやすいお薬などが含まれます。
食事中ではなく「食事と食事の間」に飲むことです。

目安は食事の2時間後です。空腹時に服用することで効果を発揮するお薬や、食べ物の影響によって効果が弱くなりやすいお薬などが多いです。

食後など決められた時間ではなく、頭痛時や発熱時、症状がひどい時に服用することです。

1日に何回まで服用していいのか、どの程度時間を空ければいいのかなどはお薬や症状により異なりますので、分からない場合は医師または薬剤師に確認してください。

粉薬以外のお薬に変更できる場合があります。

まずは医師に申し出ておきしょう。すでに処方せんをお持ちの場合や、市販薬をご購入の場合は、薬局で薬剤師に相談しましょう。同じ成分でも錠剤やカプセル、シロップなど、粉薬以外の形状があるかを確認いたします。また、粉薬をゼリーに包んで服用いただく方法などもございますので、お気軽にご相談ください。

砕いても問題ないお薬と砕いてはいけないお薬があります。

お薬の中には、砕いて飲んでも効果の変わらないものと、砕くと効果が変わるものがあります。砕いてしまうとお薬のコーティングがはがれて有効成分の吸収が悪くなったり、苦みがとても強くなるものも存在します。
薬によっては、医師の承認後、粉薬や口の中で自然に溶ける薬に変更できる場合もあります。飲みにくさを感じたら、まずは薬剤師にご相談ください。

電子お薬手帳「ヘルスケア手帳」の服薬アラーム機能をお試しください。

飲み忘れを防ぐためには、
1. いつも目につく所に薬を出しておく
2. 本人だけでなく家族も一緒に確認・注意する
3. お薬カレンダーやピルケースなどにあらかじめ服用薬を入れておく
などの方法がありますが、スマートフォンをお持ちの場合は、電子お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」の服用アラーム機能の活用がおすすめです。お薬の服用時間がきたら、アプリのアラーム機能でお知らせします。

お薬をまとめるには、医師の指示が必要です。

何種類かのお薬を服用1回分ごとにおまとめする「一包化(いっぽうか)」を有料でご利用いただけます。一包化には医師の指示が必要ですので、ご希望の方は薬剤師に相談してください。また、通常よりお薬の準備にお時間を頂戴することがございますので、予めご了承ください。

一般用医薬品等について

処方薬はかかってしまった病気の治療に。一般薬は健康の維持増進や体調不良の初期治療などに。

市販薬(一般用医薬品や要指導医薬品)は、薬剤師等から提供された適切な情報に基づき、自らの判断で購入し、ご自身の責任で使用する医薬品です。安全性を重視しているため、お薬の有効成分の含有量が少なく、複数の成分が含まれているのが特徴です。病気のかかりはじめと思われる体調不良時の初期治療や、普段の健康維持を目的として使うことが望ましいでしょう。

副作用のリスクが高く、薬剤師が飲み合わせなどを確認する必要があるからです。

副作用などで日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生ずるおそれのある市販薬のうち、特に注意が必要なものは「分類上、要指導医薬品、第1類医薬品」と呼ばれます。これらは必ず薬剤師から購入しなければなりません。また、第2・第3類医薬品は薬剤師または登録販売者から購入することが可能です。

飲み合わせによって副作用が生じることもあります。

双方に同じような成分が入っている場合もあり、飲み合せによっては副作用が生じることも考えられます。ご自身での判断が難しい場合は、使用前に薬剤師に相談しましょう。

ジェネリック医薬品について

患者さまのお薬代を安くし、国の医療費を抑えるメリットがあります。
ジェネリック医薬品は正式には「後発医薬品」と呼ばれ、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使って作られた医薬品です。もともとの新薬と有効成分は同じままに、お薬代は安くなるうえ、味や溶け方などの点で改良されているため、お薬の飲みにくさでお困りの方にもお勧めしています。
患者さまに安心して服用していただくために、薬剤師が説明書などをお見せしながら説明いたします。お気軽にご相談ください。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を使って開発され、開発期間の短縮などにより研究開発費が安く抑えられるため、お薬代が新薬よりも安く設定されています。

有効成分は同一、効き目・安全性が同等なお薬です。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分で作られ、厚生労働省により安全性・有効性が「新薬と同等」と認められています。先発医薬品との違いは、色・形・添加物などです。最新の製剤技術により、飲みやすいように味や溶け方が改良されているものがあります。

医師・薬剤師にジェネリック医薬品を希望する旨をご相談ください。

医師から「変更不可」のの指示がない限り、薬局で薬剤師にご相談いただくだけでジェネリック医薬品をご利用いただけます。医師または薬剤師に「ジェネリック医薬品を使いたい」旨をご相談ください。

副作用、取扱いについて

薬局にお持ちください。

薬剤師がお薬の状態や残数を確認します。次回診察の際に、同じお薬を処方する場合に日数を調整してもらえるように医師に連絡するなどの対応が可能です。

医師にあらためて診察してもらうようにしましょう。

お薬には有効期限があります。年齢や体の変化により用法容量が変わることがありますので、古いお薬は飲まないようにしましょう。また、ご自身では「前回と同じ症状」と思っていても、別の病気や症状の可能性もありますので、必ず医師に再度診察してもらいましょう。

薬をもらった薬局や医院にすぐに連絡してください。

必ずしも薬による症状とは判断できませんが、万が一、急性の過敏反応であるアナフィラキシーの場合には、できるだけ早く病院を受診する必要があります。体のかゆみ以外にも、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などの症状が出る場合があります。息苦しさ感じる場合には、救急車などを利用して、直ちに医師の診断を受けてください。

採用に関するご質問

選考について

薬剤師職の方は書類選考の後、面接を行います。医療事務職の方は書類選考の後、簡単な計算問題とPC入力(Word)、面接を行います。

ご応募頂いてから内定まで、およそ2週間を予定しております。

薬剤師職の場合は薬剤師免許取得が必須条件です。医療事務職の場合は、特に資格・経験は問いません。未経験から挑戦し活躍しているスタッフも多数在籍しています。ただし、医療事務経験者、登録販売者資格保持者については待遇面にて優遇させていただきますのでご参考になさってください。

採用時に60歳未満の方であれば、特に年齢制限はございません。調剤薬局での実務経験歴が長い方の場合、65歳未満での採用実績もございます。

ブランクがおありでも、調剤薬局での実務経験があればご応募いただけます。また、医薬品や調剤機器に関する最新の知識を習得していただけるよう、充実した研修教育制度をご用意しています。

配属・勤務について

ご希望の勤務地域(上越、糸魚川、新井など)をお選びいただけます。勤務店舗につきましては、弊社に一任いただくこととなります。

各エリア内(上越エリア、糸魚川エリアなど)での転勤がございます。

店舗により異なりますが、月10~20時間程度です。
ホウライでは機械化や効率化を推進しており、残業時間の削減に積極的に取り組んでいます。

基本的に日曜・祝日はお休みです。土曜日は店舗ごとの営業時間や、シフト勤務制により異なります。

はい、随時お受けしています。下記お問い合わせフォームまたはお電話よりお申込みください。

働く環境について

はい、取得可能です。社内における産休・育休取得率、復職率はほぼ100%です。

弊社社宅はありませんが、借り上げ社宅には対応しております。

研修認定薬剤師手当のほか、登録販売者資格保有者の優遇等がございます。また、認定薬剤師資格取得に関わる費用の負担など、各種資格取得支援を積極的に行っています。

会社全体の男女比は 3:7 です。

ここ数年は小雪が続いています。海岸沿いの店舗ではほとんど雪が積もりません。中には、妙高など豪雪地帯に立地している店舗もございますので、ウィンタースポーツや雪景色が好きな方にはぜひお越しいただきたいです!