感染症対策を行っていると、「手を洗いすぎて手が荒れてしまった!」「アルコール消毒で手指がカサカサ!」という方も多いですよね。

ハンドクリームを使用していても、状態によっては更に悪化してしまうことも。手荒れのケアももちろん大切ですが、まずは手荒れにならないように予防することが重要です。

手荒れの原因を知って、日頃から正しい手荒れ対策をこころがけましょう!

▼ この記事の目次

お湯+洗剤=皮膚の脂質を奪う

通常、手の皮膚は皮脂腺と呼ばれる器官から分泌される皮脂によって守られています。油汚れを落とすとき、水よりお湯の方が落ちやすいのと同様に、皮脂はお湯に溶けやすい性質があります。

また、食器用洗剤には油分を分解して取り除く成分が入っています。特に最近の商品は脱脂力に優れており、こすらなくても簡単に油脂を落とせてしまいます。

つまり、お湯で開いた毛穴から皮脂が流れ出ているところに、油脂を落とす洗剤が加わると……手がカサカサに!というわけです。

水仕事のときは水仕事用の手袋などを使い、お湯の設定温度に注意しながら、お湯に手を長時間つけないようにすることが大切です。

アルコールも皮膚の脂質を奪う

アルコールには消毒作用に加えて、脱脂・脱水作用もあることをご存知でしょうか。

アルコールは水と油の中間の性質を持っています。水に溶けやすく、かつ油を溶かすこともできます。またアルコールは揮発性が高い(蒸発しやすい)液体です。

つまり、アルコール消毒液を頻繁に使用すると、皮膚の水分と油分になじんだあと、揮発性によって水分・油分の両方を乾燥させてしまうのです。

アルコール消毒液を使用する際は、ジェルタイプなどある程度保湿力があるものを選んだり、使用後はこまめに保湿するよう心がけましょう。

ゴム手袋の素材が肌質に合っていない

手袋を着用しているのに、手が荒れてしまった!手がかゆくなった!という方は、ゴムアレルギーの可能性も考えられます。

これは、ゴム手袋の原料となる天然ゴム(ラテックス)に含まれる水溶性のタンパク質によるアレルギー反応です。ゴム手袋を新しいものに変えたとたんに手湿疹が増えた、という場合もゴムアレルギーが疑われます。

手袋には、天然ゴム以外に塩化ビニールニトリルといったものを原料にしているものもあります。少しでもゴム手袋が合わないと感じている方は、手袋のデザインよりも「原料名」を見て購入するようにしましょう。

「手が荒れてから保湿する」では、もう遅い

普段から水仕事の後や、手洗いの後など、こまめにハンドクリームを塗る習慣をつけることが手荒れ対策の基本です。

ただし、なんとなく手の甲や手の平にハンドクリームを広げているだけでは十分に保湿されません。正しいハンドクリームの塗り方を知って、指の先まで塗り残しのないようしっかり保湿しましょう

皮膚が割れた後もハンドクリームに頼っている

手荒れで割れてしまった皮膚に、尿素系ハンドクリームや「薬用」と書かれたハンドクリームを塗っても、しみるだけでなかなか治らない経験はありませんか?

ひどい乾燥や手湿疹の場合、ひび割れたところに黄色ブドウ球菌などの細菌が入り、手荒れをさらに悪化させてしまう可能性があります。

自己判断で市販のハンドクリームや保湿剤を使用し続けるのは危険です。手荒れが長く続くようであれば皮膚科を受診されるか、薬局の薬剤師にご相談ください。

手荒れは老若男女問わず悩まされる問題です。あまり水仕事をしないという人でも隠れ手荒れの可能性があります。

最近では子ども用の無添加ハンドクリームや、男性向けハンドクリームなどもあります。手荒れとは無縁と思っていたという方も、一度ご自分の手をしっかりとケアしてみてはいかがでしょうか?

ホウライの薬局では、敏感肌の方向けのハンドクリームなどもご紹介しています。お困りのことがございましたら、ぜひ薬局スタッフにご相談ください!