調剤の流れ

患者さまの安全・安心を守るために。
最新の調剤支援機器やシステムを導入し、正確かつ迅速な調剤を行っています。

 
  • STEP 01処方せん受付

    医療機関から発行された処方せんを、患者さまからお預かりします。
    初めて来局される患者さまには、初回質問表のご記入をお願いしております。

    お持ちいただくもの
    ・処方せん
    ・健康保険証
    ・お薬手帳(お持ちの方のみ)
    ・前回受診の際、使用せず残ってしまったお薬

    スマホで調剤予約をする

  • STEP 02処方せんの確認

    調剤の前に処方せんの内容と薬歴(お薬のカルテ)を確認します。
    処方内容に不明な点や問題があれば、処方医に問い合わせをする場合があります。

    安全にお薬を服用していただくための確認項目
    1. 用法・用量が適切であるか
    2. 患者さまの体質、アレルギー歴、副作用歴など
    3. 患者さまやそのご家族さまからの相談事項
    4. 服薬状況
    5. 残薬状況
    6. 併用薬(一般用医薬品、医薬部外品や健康食品を含む)の情報
    7. 合併症を含む既往歴
    8. 副作用が疑われる症状の有無
    9. 他科受診の有無
    10. 飲食物の摂取状況
    11. 後発品に対する患者さまのご意向

  • STEP 03ジェネリック医薬品
    のご案内
    処方医が変更を認めている場合は、
    経済性に優れたジェネリック医薬品をご案内いたします。
  • STEP 04お薬の調剤

    処方せんに従って、錠剤・散剤・水剤等を調剤します。
    必要があればお薬の一包化や粉砕等を行い、患者さまの服薬支援に努めます。

    また、各工程に調剤過誤システムや調剤支援機器を導入し、調剤過誤を防止します。

    安全・安心への取り組み

  • STEP 05最終監査

    患者さまにお渡しするお薬が正しく調剤されているかを確認します。

    薬剤師による確認に加え、監査システムを使い、一包化されたお薬の数量や形、刻印まで正確に確認します。

  • STEP 06お薬のお渡し・お会計

    お薬手帳や調剤情報を確認しながら、
    薬の効能や用法、用量、服用方法など、患者さま一人ひとりに合わせたわかりやすい説明を行います。

    お会計時には、内訳が書かれた明細書もお渡しします。
    ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    お会計に関するFAQ

  • STEP 07薬歴記録

    患者さまにご説明した内容やいただいたご質問、次回来局時の申し送り事項などを電子薬歴(電子のお薬カルテ)に記録します。

    次回ご来局の際には、副作用等の確認を行いながら、薬歴の情報を参照して適正な調剤を行います。

「おくすり手帳」をつくりましょう

「おくすり手帳」とは、
患者さまがいつ・どこで・どんなお薬を処方してもらったかを記録するための手帳です。

医師や薬剤師がおくすり手帳をチェックすることで、お薬の飲み合わせや副作用などに問題がないかを確認し、お薬の服用の安全性をより高めることができます。

こんな時に「おくすり手帳」があると安心!

 お薬の管理手帳として

病院や調剤薬局で処方されたお薬の名前、飲み方、副作用等がわかります。
一般医薬品や健康食品なども併せて記録することで、薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防ぐことができます。

 健康管理手帳として

体調の変化や気になったことなど、医師や看護師に相談したいことをメモしておきましょう。

 いざという時の「備え」として

旅行先で病気になったとき災害・事故に遭ったときなどに、あなたが飲んでいるお薬の情報を正確に伝えられます。ご家族にも、あなたがお薬手帳を持っていることを知らせておきましょう。

以前に処方されたお薬がカラダに合わず、副作用やアレルギーをおこしたことのある方や、小さなお子様がいらっしゃる方には、特にお薦めいたします。

電子おくすり手帳ならもっと便利に!

電子おくすり手帳「ヘルスケア手帳」は、処方せんを撮影して薬局に送信するだけで調剤予約ができる便利な無料スマートフォンアプリ
お薬の準備完了のお知らせが届き、お好きな時間にお薬を受け取ることができます。

そのほかお薬のリスト管理や「服用アラーム」など、役立つ機能を無料でご利用いただけます。