こんにちは、ホウライ糸魚川エリアスタッフです😊

突然ですが、皆さんは地震対策できていますか?ご高齢の方や、小さなお子さんがいる方は、避難所生活への対策もできていますでしょうか?

今回は、防災や被災時に役立つ「自主防災と心理的応急処置」についてお話します。

この記事の目次

災害時要配慮者の避難行動

要配慮者とは、災害が発生した際、情報把握・避難・生活手段を確保することが困難な立場に置かれている人のことを意味します。

災害発生から復興するまでの間、要配慮者がこれまで利用していた医療サービスや、社会的支援などが一時的に制限されてしまう恐れがあるため、災害や避難時に備えた事前準備が必要です。

要配慮者の定義(災害対策基本法第8条第2項第 15号)

  • 高齢者
  • 障害者
  • 難病患者
  • 乳幼児
  • 妊産婦
  • 外国人
  • その他特に配慮を要する者

「自助」と「共助」

人には「正常化の偏見」というなかなか危険を認めようとしない心理があるそうです。

自分はまだ大丈夫、大したことにはならないだろうという気持ちが働いてしまい、未然に防げたはずの事故や二次災害が発生することがあります。要配慮者を含めた防災にはお互い助け合える(共助)ような街づくりが大切です。

特に高齢者や障害がある方については、地域の人が普段から積極的に働きかけてコミュニケーションを図り、必要な情報を事前に把握して、地域全体で支援体制を整えることが重要です。そして万一の時には、要配慮者本人に支援を申し出てもらうよう伝えておきましょう。

災害時の要配慮者の支援方法

高齢者・肢体に障害のある方・乳幼児・妊産婦など

  1. 災害発生時の安全確保

    家具や物品の落下・転倒防止、ガラスの飛散防止などを行い、室内の安全を確保する。

  2. 避難する場所の確認

    事前に、ご家族や近隣の方と防災訓練を通じて避難場所や避難方法を確認する。避難にあたっては、近隣や周辺施設に協力を求めておく。

  3. 避難所生活において必要な物の確保

    災害時の非常持ち出しバッグを準備する、服用薬や常備薬を3日分用意する(入手困難な場合があります)。

視覚障害のある方

  1. 点字ブロックや誘導設備が損壊した場合への備え

    日頃から行き慣れている道などを把握し、事前に避難経路を複数確認する。被災時は、家族や周囲の人に誘導を手伝ってもらう。

  2. 情報収集方法

    電話・テレビ・ラジオ・インターネットなどの情報通信機器が使用できない場合に備えて、地域の方や周囲に協力を依頼し、定期的に様子を確認してもらう。また災害時には視覚障害があること周囲に伝え、情報伝達に協力してもらう。

  3. 身動きがとれない時に助けを求める方法

    笛、防犯用ブザーなど、外にいる人に場所を知らせるツールを用意する。事前に使い方を確認しておく。

聴覚障害のある方・知的障害のある方・児童・外国人

  1. コミュニケーション方法

    地域や周囲と協力して、言語カードや緊急連絡カード、支援内容・避難行動等を記載したヘルプカードを作成する。

  2. 通勤・通学等の外出時に被災した場合

    家族や周囲と待ち合わせ場所を決めておく。

在宅人工呼吸器を使用している方

  1. 停電を想定した療養に必要な物品の確保

    医療機器の予備電源や蘇生バッグ、医薬品、ケア用品など、在宅療養を継続することも想定して準備する(7日分目安)。

  2. 避難や入院への備え

    車椅子(電動車椅子を除く)・ストレッチャー・担架等の移動用具と、支援者(4人以上)を確保しておく。
    また、在宅療養が困難となった場合に備えて、緊急避難先・入院先について医療機関や家族と相談する。

  3. 災害時の行動

    災害時の対応について支援者(主治医、訪問看護師など)と日頃からよく相談し、災害時や避難を余儀なくされた場合の具体的な行動について確認する。

参考:東京都防災ホームページ「災害時要配慮者への支援」令和2年7月1日閲覧

PFA(心理的応急処置)

「PFA」とは、サイコロジカル・ファーストエイド(Psychological First Aid)の略。日本語では「心理的応急処置」と訳されています。

PFAは、危機的な出来事に見舞われて苦しんでいる人、支援が必要とおもわれる人の心理的回復を支えるための、同じ人間としての人道的な支援の仕方を示しています。

日本では3.11東日本大震災以降、被災や避難所生活による、ストレス・心理的苦痛の救済が重要視されるようになりました。

 

災害時のメンタルケアは、子どもにとっても重要です。 災害時のような普段と違うことが起こった時に、子どもの認知発達段階によってストレス反応が異なるとされています。

WHO版PFAでは、特別な基礎知識を必要とせず、誰でも心理的応急処置について学ぶことができます。自分の身を守る「自助」はもちろん、家族や地域の人たちを助ける「共助」の一つとして、気になる方はぜひ受講してみてください。

参考:ストレス災害時こころの情報支援センター「心理的応急処置(Psychological First Aid : PFA)」令和2年7月1日閲覧

薬局の防災活動

ホウライの薬局がある糸魚川市は、近年の糸魚川大火を経験しています。復興に関して、山や海に囲まれたこの糸魚川の街づくりに、地域住民だけでなく防災や災害の専門家の方も注目されているようです。

薬局では患者さま一人ひとりに対するお声掛けを大切にしています。様子に変化がないか、普段の生活で困っていることはないかなど、薬以外の面でもコミュニケーションをとるようにしています。

些細な声がけや気づきが、災害時に大きな「助け」となることがあります。薬局の仕事を通じて、糸魚川地域の安全なまちづくりに貢献してまいります。😊