信頼をかたちに、明日の医療を考える。

ホウライ

薬剤師のための在宅医療研修~中心静脈栄養の輸液調製~

薬剤師が行う在宅医療の仕事内容は、お薬の調剤・薬歴管理・服薬指導・服薬状況及び副作用等の確認・残薬管理などがあります。患者様やご家族とコミュニケーションを取り、担当医師やケアマネジャー等に情報提供を行うことも重要です。在宅医療で使われる「高カロリー輸液」の調製現場に潜入しました!

防災の日・防災用品点検の日「災害備蓄品は何日分が必要か?」を見直す

2011年3月に発生した東日本大震災では、十分な量の食料を調達するのに3日以上、電気の復旧は1週間以上、水道の復旧に10日以上かかったと言われています。災害備蓄は最低でも3日~1週間分を用意し、乳幼児や子供がいるご家庭では長期保存可能な液体ミルクや加熱・加水不要の保存食を備えましょう。

食中毒になりやすい食べ物は?テイクアウトの注意点と食中毒対策3原則

食中毒の原因となる細菌の多くは室温約20℃で活発になり、35~40℃で最も増殖しやすくなります。外食や宅配、テイクアウトを利用する際は中まで十分に加熱された食べ物を選び、室内に放置せずすぐに消費するよう心がけます。加熱処理済みでも電子レンジやフライパンで再加熱すること

モノに有効!塩素系漂白剤による消毒方法&次亜塩素酸水との違い

ウイルス対策としてアルコールを使って消毒している方が多いはず。厚生労働省によると、食器やドアノブなど「モノ」の消毒には家庭用の塩素系漂白剤が有効とされています。家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチ、ピューラックスなど)

夏バテ解消に効く栄養素・食べ物とは?効果を高める調理方法も教えます

夏バテ予防にはビタミンB1・C、必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質、クエン酸などを含む食べ物を取り入れましょう。ビタミンB1を多く含む豚肉には疲労回復やエネルギー代謝作用があります。ビタミンBの吸収を良くするアリシンが豊富な玉ねぎ・ねぎ・にんにく・にらと一緒に食べると