信頼をかたちに、明日の医療を考える。

熱中症対策

タグ 記事一覧

熱中症の症状・重症度分類とは?経口補水液の作り方&応急措置のポイント3つ

熱中症は熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病の4つに分類されます。更に重症度によって3段階に分類され、重度の場合は意識障害や臓器障害が生じることもあります。熱中症対策にはご家庭で経口補水液を用意したり、いざという時のために応急措置のポイントをおさえることが重要です。

土用の丑の日になぜ鰻を食べる?5分でわかる由来と鰻の栄養価

「土用」とは五行思想に基づいた季節の変わり目を表す言葉で、立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間を意味します。土用の丑の日には「う」のつく食べ物を食べればよいとされ、鰻以外にもうどん・梅干し・牛の肉・ウリなどがあります。鰻を食べる理由には諸説あり、万葉集の記述や平賀源内に

ペットボトル症候群の症状は?熱中症対策における3つの注意点&飲み物の選び方

スポーツドリンクや清涼飲料水(ソフトドリンク)には多くの糖質が含まれています。熱中症対策で清涼飲料水を大量に飲むと高血糖状態になり、更に喉が渇いて大量の清涼飲料水を飲むという行為を繰り返します。ペットボトル症候群を発症すると倦怠感・嘔吐・腹痛、重篤な場合は意識障害や死亡に至る

日焼けで赤くなる?黒くなる?正しい紫外線対策があなたの肌を守る

日焼けして赤くなる人と黒くならない人の違いはなに?肌が黒く焼ける原因となるメラニンは紫外線を吸収して肌の細胞を守る働きがあり、細胞ががん化するのを防いでくれています。一方で肌が赤くなるだけの人はメラニンを作る能力が低いために紫外線の影響を受けやすく、皮膚がんなどの皮膚病に注意が必要

夏バテ解消に効く栄養素・食べ物とは?効果を高める調理方法も教えます

夏バテ予防にはビタミンB1・C、必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質、クエン酸などを含む食べ物を取り入れましょう。ビタミンB1を多く含む豚肉には疲労回復やエネルギー代謝作用があります。ビタミンBの吸収を良くするアリシンが豊富な玉ねぎ・ねぎ・にんにく・にらと一緒に食べると