信頼をかたちに、明日の医療を考える。

感染症対策

タグ 記事一覧

マスクで肌荒れしたら?メンズも使えるスキンケアと肌荒れ対策3つ

マスクの中は湿度や温度が上がって蒸れたり、摩擦による刺激を受けやすい状態です。これにより肌のバリア機能が低下し、赤みやかぶれ、ニキビなどの肌荒れを起こします。こまめに汗を拭くこと、マスクを外した後の洗顔、低刺激処方のスキンケアによる保湿と紫外線ケア

殺菌・消毒・除菌の違いは?なぜ石けんによる手洗いが感染対策に有効か

今更だけど「滅菌・殺菌・消毒・除菌・抗菌」の違いは?ウイルスの感染予防にはどうして石けんでの手洗いが有効なの?大掃除の前に知っておきたいウイルス対策の基本と、石鹸による手洗いがコロナウイルスを破壊する仕組みについて解説します!

新型コロナウイルス感染拡大防止への対応【電話等による服薬指導とお薬の配送について】

当薬局では、電話等による服薬指導およびお薬の配送に対応しております。まずは電話またはオンライン診療アプリ等で医療機関を受診します。医療機関から薬局へ処方箋が送られますので、患者さまが薬局へ行く必要はありません。薬剤師が電話等で服薬指導を行います。宅急便にてお薬をご自宅に配送いたします

液体石鹸と固形石鹸「洗浄力」が高いのはどっち?目的別ハンドソープの選び方

一般的に液体石けんよりも固形石けんの方が洗浄力が高いと言われるのは、石けんに含まれる純石鹸分の割合が理由です。純石鹸分とは石けんに含まれる洗浄成分である脂肪酸アルカリ塩のことで、水に溶けると界面活性剤として洗浄力を発揮します。

腸管出血性大腸菌感染症(O157など)の症状は?6つの予防策を今すぐ実践しよう

腸管出血性大腸菌による食中毒は6~9月にかけて最も多く発生します。一度調理したものでも室温に放置すると菌が発生することがあり、O157は室温に15~20分放置しただけで2倍も増殖します。多くの場合3~5日の潜伏期をおいて激しい腹痛を伴う水様便の後に血便となることがあります(出血性大腸炎

モノに有効!塩素系漂白剤による消毒方法&次亜塩素酸水との違い

ウイルス対策としてアルコールを使って消毒している方が多いはず。厚生労働省によると、食器やドアノブなど「モノ」の消毒には家庭用の塩素系漂白剤が有効とされています。家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチ、ピューラックスなど)