ガラス越しの調剤室

「かかりつけ薬剤師」を見つけませんか?

かかりつけ薬剤師は、いつでも気軽にお薬や健康について相談できる、
患者さまの専属薬剤師です。
01 お薬の情報をまとめて管理します
ガラスに入った水と薬

医療機関や薬局で受け取ったすべてのお薬、市販薬、健康食品などの情報をまとめて把握し、お薬の重複や飲み合わせ、副作用はないかなどを継続的に確認します。

02 いつでもご相談に応じます
パソコンの前に座る人

夜間・休日など、薬局の営業時間外でもお薬に関するご相談をお電話にて承ります。

体調の急変や、副作用の心配があるときにもご相談ください。

03 医療機関と連携します
電話する白衣の女性

患者さまの体調の変化や、お薬の効果を継続的に見守り、必要に応じて処方医へ問い合わせや処方提案をおこないます。

04 残っているお薬を管理します
机の上に処方箋と薬

ご自宅にある余っているお薬、期限切れのお薬、飲み残し等を確認・整理します。

残ったお薬がある場合は、処方数の調整などを処方医へ相談することもあります。

かかりつけ薬剤師を指名するには?

01 かかりつけ薬剤師を見つける

かかりつけ薬剤師として指名できる薬剤師は、国が定める一定以上の知識や経験の要件をクリアした薬剤師です。

患者さまご自身が信頼のおける薬剤師を「かかりつけ薬剤師」にご指名ください。

02 かかりつけ薬剤師を指名する

かかりつけ薬剤師制度について説明し、同意書にご署名いただいた後、次回からかかりつけ薬剤師として担当させていただきます。

処方せんがなくてもお気軽にご相談ください。

※かかりつけ薬剤師がお薬をお渡しする場合、「かかりつけ薬剤師指導料」として60円〜100円(3割負担の場合)程を追加でご負担いただきます。

よくあるご質問

「処方せんがなくても相談できるの?」

処方せんがなくてもご相談いただけます。
お薬を必要としない時でも、健康や生活について、サプリメント等の購入など、お気軽にご相談ください。

「どんなことを相談すればいいかわからない」

お薬や健康のことはもちろん、介護や生活習慣など、少しでも不安に思うことがありましたらご相談ください。

  • 今までと同じ薬が最近飲みづらくなった…
  • 自宅に飲み残した薬がたくさんある
  • 子どもが薬を上手に飲めない
  • 肌にかゆみを感じるが、これは薬の副作用?

「いつもかかりつけ薬剤師に対応してもらえるの?」

原則、かかりつけ薬剤師がご対応させていただきます。
勤務状況等により、他の薬剤師が対応させていただく場合がございますのでご了承ください。

(他の薬剤師が対応する場合は「かかりつけ薬剤師指導料」は発生いたしません。)