マイナンバーカードを持つ手

皆さん、マイナンバーカードの申請はお済みでしょうか?

健康保険証として使える仕組みが導入されるため、ホウライの薬局でも利用にむけて準備を開始しています。

医療機関や薬局を利用するには?従来の保険証は使える?

今回は「マイナンバーカードの健康保険証の利用方法とメリット」についてお話します。

この記事の目次

マイナンバーカードってなに?

マイナンバーカードはマイナンバー(個人番号)のほか、氏名・性別・住所・生年月日が記載された、顔写真付きの公的な本人確認書類です。

対面での本人確認はもちろん、ICチップ付きでオンラインでも本人確認が可能になります。

ICチップ部分には、年金などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。

マイナンバーカードで医療機関・薬局を利用できる?

2021年10月20日から、オンライン資格確認の本格運用がスタートしました。

オンライン資格確認とは、医療機関・薬局の窓口でマイナンバーカードをカードリーダーにかざして、患者様の本人確認や資格確認をおこなうものです。

従来の健康保険証の代わりとして、ICチップ付きマイナンバーカードを医療機関の窓口で提出することが可能になります。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、マイナポータルで事前に利用登録をおこなう必要があります。

マイナンバーカードを健康保険証として使うメリット

1.引越しや就職・転職に便利

従来は、就職・転職で勤め先が変わった場合や、引越し・結婚等で住所氏名が変わった場合に、新たに健康保険証を発行する必要がありました。

そのため、一時的に健康保険証が手元にない期間が発生することもありました。

マイナンバーカードがあれば、新しい健康保険証の発行を待たずに、保険者側の手続きが完了すればすぐに医療機関・薬局を利用できるようになります。

2.自身の健診結果、処方薬、支払った医療費を確認できる

マイナポータルに登録すると、過去に受けた特定健康診断の結果や、医療機関から処方された薬、支払った医療費の情報をパソコンやスマートフォンからいつでも確認することができます。

3.確定申告の医療費控除申請が簡単になる

マイナポータルには医療費に関する情報が蓄積されます。そのため、市区町村の窓口に行かなくても、マイナポータルのサイトから医療費控除を申告することができます。

また、子育てをはじめとする行政手続もマイナポータルでできるようになります。

マイナンバーカードの医療機関・薬局での受付方法は?

受付時に、患者様ご自身でマイナンバーカードを窓口に設置されたカードリーダーに置きます

「顔認証付きカードリーダー」の場合は、受付窓口で顔認証をおこなうか、患者様ご自身で設定した4桁の暗証番号を入力していただきます。窓口職員が目視で本人確認をおこなう場合もあります。

マイナンバーカードの持参を忘れてしまった場合は、従来通り、健康保険証を受付窓口でご提示ください。

※医療機関・薬局の窓口で患者様のマイナンバーカードをお預かりすることはありません。

従来の健康保険証は使える?

従来通り、健康保険証で医療機関や薬局を利用することができます。受付窓口にて健康保険証をご提示ください。

生活保護受給者の医療券に関しては、令和3年10月時点で対象外です。

マイナンバーカードがあれば、どこの薬局を利用しても同じ?

医療のICT化が進み、リアルタイムな情報共有でより安全で安心な医療を受けられるようになると言われています。

ICT化が進むと、「薬を受け取るだけならどこの薬局を利用しても同じでは?」と思うかもしれません。

ICT化で得られた情報を活かすのは現場の薬剤師です。ホウライの薬局には、一定以上の経験や知識(研修など)の基準をクリアした薬剤師が在籍しています。

かかりつけ薬剤師制度」をご利用いただくことで、患者様専属の薬剤師がお薬や健康に関する不安を取りのぞき、より信頼のおけるアドバイスを受けていただくことができます。

薬局は処方箋のお薬を受け取るだけの場所ではありません。処方箋をお持ちでなくても、食生活やサプリメントなどお薬以外の相談をいつでも気軽にできます。

薬局スタッフとしての資質向上を心がけ、地域に密着した薬局づくりを心掛けているホウライの薬局に、ぜひ一度お立ち寄りください!

参考:厚生労働省HP 「マイナンバーカードの健康保険証利用が始まります」