冷たい水

こんにちは、ホウライスタッフです。

暑い日が続いていますが、熱中症対策は万全でしょうか?

熱中症は室内に居ても起こります。

市販の経口補水液が手に入らなくて慌てたり、熱中症に気づかず重症化することがないように、日頃から熱中症対策を行いましょう。

今回は「熱中症の主な症状&経口補水液の作り方」についてお話します。

▼ この記事の目次

熱中症が起こる原因

私たちの体には、体内に溜まった熱を体外に放出して体温調節を行うはたらきがあります。

運動などをして体温が上昇したときには、体の表面にある血管が拡張し、たくさんの血液が流れ込むことで熱を外に放出します。

同時に、汗をかくときに水分の蒸発とともに熱が放出され、上がった体温を下げるはたらきもあります。

熱中症のメカニズム
出典:環境省環境保健部環境安全課、熱中症環境保健マニュアル 2018

しかし、外気温が高すぎたり、暑い環境で長時間過ごすことで、体温調節がうまく機能しなくなり、体内に熱がこもった状態になります。

さらに大量の汗をかくことで体内の水分と塩分が奪われます。

水分と塩分が奪われると体液のバランスが崩れ、失神・けいれん・意識障害・吐き気などの熱中症の症状がおこります。

熱中症の主な症状と重症度分類

熱中症にみられる主な症状には、熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病の4種類があります。

これらの症状は重症度別に3段階に分類されます。熱中症Ⅲ度の場合は意識障害や臓器障害が生じることもあり、命に関わる大変危険な状態に陥ります。

熱中症対策をおこなうことが最も重要であると同時に、自分自身や周りの人の異変に気づき、「熱中症かもしれない」と熱中症を疑うことも大切です。

【熱中症I度】熱失神・熱けいれんの主な症状

熱中症重症度I
イラスト©アトリエウパ
熱失神の主な症状:めまい、立ちくらみ、顔面蒼白、瞬間的な失神など

熱失神は、皮膚の表面を通る血管が拡張すると急に血圧が低下し、脳への血流が悪化すると起こります。

熱けいれんの主な症状:筋肉痛、こむら返り、筋肉のけいれんなど

大量に汗をかくと水分とともに塩分が奪われ、血液のナトリウム濃度が低下することで手足などに痛みやけいれんが生じます。

【熱中症II度】熱疲労の主な症状

熱中症重症度II
イラスト©アトリエウパ
主な症状:全身倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、集中力低下など

大量に汗をかいて体の水分が奪われると、脱水状態に陥り体がぐったりするような症状が表れます。

【熱中症III度】熱射病の主な症状

熱中症重症度III
イラスト©アトリエウパ
主な症状:意識障害、高体温、全身のけいれん、うまく歩けない、過呼吸、臓器の機能障害など

熱失神・熱けいれん・熱疲労がより進行し、呼びかけに反応しなくなるなど中枢機能に異常をきたします。

緊急に冷却療法を行う必要があり、生命に関わる極めて危険な状態です。

熱中症が疑われるときの応急措置

保冷剤

熱中症が疑われるときは、重症度に関わらず早急に適切な応急措置をおこなう必要があります。

救急車を呼んだ場合でも、現場で速やかに体を冷やして水分・塩分補給を行うことが重要です。

救急車が到着するまでの応急措置

①屋外にいる場合は、クーラーがついている室内に避難します。

近くに建物がない場合は、風通しの良い日陰に避難して、安静にしましょう。

②衣服を脱がせて、体内にこもった熱を放出させます。

きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて熱の放散を助けます。

③体の表面に冷水をかけるか、水で濡らしたタオルなどあてて、うちわや扇風機などであおぎ体を冷やします。

④保冷剤がある場合はハンカチなどに包んで、また氷がある場合はビニール袋に入れて氷のうを作り、特に首の両脇、わきの下、太ももの付け根など、皮膚の真下を流れる太い血管を冷やします。

⑤氷がない場合は、自動販売機やコンビニ等で冷えたペットボトルを調達します。

熱中症が疑われるときの水分補給

熱中症が疑われる場合や、救急車が到着するまでの水分補給にはいくつか注意点があります。

誤った応急措置を行わないように、熱中症の重症度に応じて適切な対応を心がけましょう。

救急車が到着するまでの水分補給

①自分で水分補給できるようなら、冷たい水を飲んでもらいます。

大量の汗をかいている場合は、水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンク経口補水液を飲ませます。

意識障害がある、呼びかけに応じないなどの場合は、水分が気道に流れ込んでしまう可能性があるため注意が必要です。
吐き気がある、すでに嘔吐の症状がある場合は、口から水分を摂取せずに病院で点滴などの処置が必要となります。

参考:環境省環境保健部環境安全課『熱中症環境保健マニュアル 2018』

↓熱中症予防とペットボトル症候群の危険性について知っておこう!

混ぜるだけ!500ml経口補水液の作り方

厚生労働省では熱中症対策として、水100mlあたりナトリウム40~80mgの摂取を推奨しています

市販品では経口補水液やスポーツドリンクなどが該当します。いざという時のために、ご家庭で簡単に作れる「500ml経口補水液の作り方」をご紹介します。

500ml経口補水液の材料

経口補水液のレシピ
※作った補水液は冷蔵庫に保管して、作った当日中に消費しましょう。

必要な材料を全て入れて、かき混ぜれば完成!

大さじ・小さじがご家庭にないときは、ペットボトルのキャップで代用できます。

ペットボトルのキャップはほとんど共通の規格で「すりきり一杯=7.5cc=大さじ半分」です。つまり、大さじ1杯はキャップ2杯分です。

1リットル分の経口補水液を作る際は、各分量の「倍量」を目安に調整してください。

「涼しい場所にいるから大丈夫」

「激しい運動はしていないから大丈夫」という思い込みは危険です。

熱中症以外の病気が疑われる場合もあります。自己判断だけに頼らずに、不調を感じるときは症状が悪化する前にかかりつけの病院や薬局へ相談しましょう。