こんにちは、ホウライスタッフです!

花粉やウイルス対策で、毎日マスクが手放せません

マスクの摩擦でお肌がヒリヒリしたり、ニキビなどの肌荒れに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

マスクによる「肌荒れの原因&肌荒れを防ぐポイント」についてお話します。

▼ この記事の目次

マスクと肌のバリア機能の関係

肌のバリア機能

「バリア機能」とは、肌の一番外側にある「角層」が紫外線や摩擦、乾燥などの外部刺激を防いだり、肌の内側にある水分が逃げないようにする役割のこと。

マスクを着用していると、湿度や温度が上がって蒸れたり、摩擦による刺激を受けやすい状態になります。

これにより肌のバリア機能が低下し、赤みやかぶれ、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます。

マスクによる肌荒れの主な原因

摩擦による肌荒れ

マスクを外す女性

飲食をするときにマスクを着脱したり、マスクのズレを直したり…。

何気ない行動により、マスクの繊維が肌の角層を傷つけて、赤みやヒリつきなどの肌荒れを起こします。

男性はカミソリによるダメージが重なることが多いので要注意です。

蒸れによる肌荒れ

マスクを外す女性とニキビ

マスクの中は、高温多湿で雑菌が繁殖しやすい状態。

会話や咳・くしゃみなどで飛んだ唾液や、汗・皮脂などが原因となり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

さらに過剰な湿度にさらされると、お肌の表面がふやけた状態になり、バリア機能の低下にもつながってしまいます。

乾燥による肌荒れ

乾燥肌の断面

マスクの中は「高温多湿」なのだから、乾燥とは無縁!と思いますよね。

実はマスクを外したときに、内部の湿気が急激に蒸散することで、肌内部の水分も一緒に奪われてしまうのです。

肌の乾燥が進むと、かさつきやかゆみを起こすだけでなく、シワなどの原因にもなります。

繊維の刺激による肌荒れ

マスクを洗って繰り返し使う、という方も多いのではないでしょうか?

繰り返し使える布マスクの場合、洗い残した洗剤成分や、繊維の毛羽立ちが肌に刺激を与えることもあります。

また、マスクの生地が肌に合わない可能性もあります。

マスクの種類

化学繊維でかぶれやすいという方は、ポリウレタン・ポリエステル・ポリプロピレンなどを避けて、100%綿素材のものを選ぶようにすると良いでしょう。

手にクリームを塗るハンドクリーム、正しく塗れてる?手荒れを防ぐハンドクリームの塗り方

マスク荒れを防ぐ3つのポイント

こまめに汗を拭く

呼気や汗による湿気はニキビの原因になりやすいです。汗をかいたら、ハンカチやウェットティッシュなどで優しく拭き取ります。

マスクを外した後に洗顔する

肌の表面に付着した汚れ・汗・皮脂などを丁寧に洗い流します。乾燥を防ぐため、ゴシゴシこすらないように注意し、洗顔後はすぐに保湿しましょう。

丁寧な保湿と紫外線ケア

洗顔後の保湿はもちろん、毎日のスキンケアが大切です。できるだけ低刺激性のスキンケア商品を選び、肌への負担を減らしてバリア機能を整えます。

マスクの下の肌は無防備な状態。紫外線対策や花粉対策も忘れずにおこないましょう。

肌荒れした時のスキンケアは?

ダメージを受けた肌は、刺激に対してとても敏感な状態です。

化粧品表示

化粧品に含まれるアルコールや防腐剤、界面活性剤、乳化剤などが刺激となり、肌荒れの原因になることもあります。

敏感肌の方は、低刺激処方や無添加の基礎化粧品をおすすめします。

バリア機能を保つために、①化粧水で水分を与える②乳液やクリームなどの油分で閉じ込めるという基本のスキンケアを心がけましょう。

低刺激性スキンケア「プローラ」のヒミツ

プローラ」は製薬会社であるユースキン製薬が開発した、敏感肌やアトピー性皮膚炎のための低刺激性スキンケアです。

天然植物エキスと保湿成分を配合し、「皮膚機能の向上」と「角質層の保湿」により、肌をいたわりながらエイジングケアも同時に叶えてくれます。

化粧品の独特な香りもなく、カミソリ負けした肌にも使えるのでメンズにもおすすめです。

健やかな肌を保つには、栄養バランスのとれた食事や、規則正しい生活も重要です。

体の外側と内側から、マスクの刺激に負けない肌をつくりましょう!

低刺激性スキンケア「プローラ」は、コクブ薬局桜本町にてお買い求めいただけます。

ご希望の方にはサンプルを差し上げていますので、お気軽にスタッフにお声がけください😊