こんにちは、ホウライスタッフです!

毎日、患者様とお話しているといろいろな質問をいただきます。中でも血圧の治療薬に関する質問は多いです。

「血圧の薬はずっと飲むの?」「塩分の取りすぎはどうしてよくないの?」

そんな高血圧症と治療薬の疑問についてお答えしていきます。

▼ 記事の目次

高血圧とは?

高血圧とは、安静にしている状態での血圧が慢性的に一定より高い状態のことをいいます。

運動した後やたまたま計測した血圧の値が高いだけでは、高血圧症と言い切れません。

血圧には、心臓が収縮したときにかかる「収縮期血圧(上の血圧)」と、心臓へ血液が戻るときの「拡張期血圧(下の血圧)」があり、これらのどちらか一方でも正常範囲を上回っていれば高血圧です

高血圧と判断される目安として、日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」を知っておくと良いでしょう。

成人における血圧値の分類(mmHg)

分類診察室血圧家庭内血圧
収縮期血圧
(最高血圧)
拡張期血圧
(最低血圧)
収縮期血圧
(最高血圧)
拡張期血圧
(最低血圧)
正常血圧<120 かつ <80<115 かつ <75
正常高値血圧120~129 かつ <80115~124 かつ <75
高値血圧130~139 かつ/または 80~89125~134 かつ/または 75~84
I度高血圧140~159 かつ/または 90~99135~144 かつ/または 85~89
II度高血圧160~179 かつ/または 100~109145~159 かつ/または 90~99
III度高血圧≧180 かつ/または ≧110≧160 かつ/または ≧100
(孤立性)収縮期高血圧≧140 かつ <90≧135 かつ <85

参考:日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2019」ライフサイエンス出版,2019年4月発行

高血圧症になる主な原因

高血圧症の約9割は、原因がはっきりしない「本能性高血圧症」にあたると言われています。

本能性高血圧症の場合は、もともとの体質といった遺伝的要因のほかに、塩分過多や肥満、運動不足、ストレス、喫煙などの環境的要因が考えられます。

残る約1割のケースは、原因が明らかである「二次性高血圧」とされています。これは腎臓疾患、ホルモンの異常分泌、薬剤の副作用などが原因として考えられます。

高血圧を放置してはいけない理由

高血圧の状態を放置しておくと、心臓や身体中の血管に障害をきたし、血管が硬くなったりもろく劣化していきます。これが「動脈硬化」です。

動脈硬化が進行すると、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、狭心症、心不全、心筋梗塞などを引き起こします。

人体模型図

また、高血圧が慢性化すると腎臓に大きな負担かかり、余分な水分や塩分をうまく排泄できなってしまい、さらに血圧が上昇する悪循環に陥ります。

腎臓機能が低下して慢性腎臓病をおこすと、脳卒中・心筋梗塞・心不全などの心臓血管病を発症するリスクが約3倍も高くなると言われています。

※二宮利治ら「慢性腎臓病の有無と心血管病の発症率(久山町研究より)」透析会誌2006

高血圧症の主な治療法

高血圧症の主な治療には、食事や運動などの生活習慣を改善する非薬物療法と、降圧薬による薬物療法の2つがあります。

非薬物療法は塩分制限を基本として、コレステロールの制限や減量、適度な運動、アルコール制限、禁煙、ストレス緩和などを行います。

薬物療法では、降圧剤と呼ばれる血圧を下げる薬剤を使用します。降圧剤には様々な種類があり、年齢・性別や高血圧症の重症度、合併する疾患などを考慮して選択されます。

降圧剤を少量から飲み始め、血圧が下がらない場合は増量したり、2種類以上の降圧剤を併用することがあります。

【疑問1】血圧の薬は飲み続けなきゃだめ?

A. ”継続して飲んでいただくことが多い”です。

例えば風邪をひいたとします。風邪はウィルスや細菌の感染によることが多いため、発熱や咳、鼻水と言った症状がでます。

このときには抗生物質や解熱剤、咳止めなどの薬を飲みます。体の抵抗力や薬の作用によってウィルスや細菌が体内からいなくなれば風邪の症状は完全に治るので、治ってしまえば薬を飲む必要はありません。

一方、高血圧の主な原因は長年の生活習慣や体質ですそのため、風邪のようにウィルスや細菌がいなくなれば完全に治る、といったことが少ないのです。

血圧の薬は「血圧が下がった状態にしておくもの」と考えていただくと良いと思います。よって、薬の服用を中止してしまうと血圧はまた上がってしまいます。

【疑問2】薬の服用を中止できることもある?

A.症状・場合によっては中止することも可能です。

肥満や過度の塩分・アルコール摂取など、生活習慣に潜む原因を改善することで薬を飲まなくてもよい程度に血圧を下げることが出来れば、薬の服用を中止することが可能です。

また冬場は寒くて血圧が上がるが、夏場は血圧が正常という方は、夏場だけ薬の服用を中止することが可能な場合もあります。

ただし、動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞などを予防するためにも、血圧の薬は継続してお飲みいただくことが大切です。

服用の中止にあたっては、必ず主治医の先生とよく相談しましょう。

【疑問3】塩分の取りすぎはどうしてよくないの?

体の中の水分は約0.9%の濃度の塩水です。

多少の個人差はありますがだいたいこの程度です。私たちの体は、この0.9%の状態を常に保とうとしています。

0.9%というのは、1リットルの水に9gの塩分が溶けていると言うこと。かなりしょっぱいです!!

それではここから応用編。

例えば、食事などから9gの塩分を体に取り入れたとすると、体内の塩分濃度を0.9%にするには約1リットルの水が必要です。

つまり、塩分を9g摂ると体に1リットルの水が溜まるということ。

内臓が正常な状態であれば、余分な塩分と水分が尿として体の外に排出されます。

しかし、塩分をたくさん取りすぎるとそれでは追いつかず、体内に塩分と水分がどんどん溜まってきます。当然、血液中に含まれる水分も多くなり、その結果として血圧が上がります。

これが「塩分の取りすぎは良くない」の答えです。

いかがでしたでしょうか?

高血圧症の患者数は年齢とともに増加します。男性は40代で3人に1人、女性は60代以降で50%以上とも言われています。

高血圧症の発症リスクを抑えるために、バランスの取れた食事や適度な運動など、日頃から適切な生活習慣を送るようにしましょう。

現在治療中で薬について不安がある方、血圧についてもっと詳しく知りたいという方は、いつでもお気軽にホウライの薬局にご相談ください!

参考:
国立研究開発法人国立循環器病研究センター「循環器病について知る」2020年8月28日閲覧
George L. Barkris「高血圧の薬物治療」MSDマニュアル,2018年3月改訂