7月3日から、九州南部地方を中心とした豪雨により甚大な被害が発生しております。

この度の被害によりお亡くなりになられた方々に対して、心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

被災された地域の方々の安全と、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

現在も九州地方を含む多くの地域で大雨が降り続いており、河川の氾濫や土砂災害等には厳重な警戒が必要です。

また、本日7月8日、長野県と岐阜県に大雨特別警報が発令されました。飛騨川の氾濫も発生しており、現在被害が発生していない地域の方々も最新情報を確認し、ただちに命を守る最善の行動をとって下さい。

どうか身の安全を最優先にお気をつけてお過ごし下さい。

ホウライ社員一同

防災・安全確保の一環としてお役立てください。

※要配慮者とは…高齢者・障がいのある方・乳幼児・妊産婦・外国人など、災害が発生した時に情報把握・避難・生活手段を確保することが困難な立場にある人のこと(参考:東京都防災ホームページ「災害時要配慮者への支援」