春の屋のおはぎ

こんにちは、いちご薬局の食いしん坊スタッフです。

突然ですが、

「おはぎ」は好きですか?

新潟というと笹団子が有名ですが、ほかにも和菓子の名店がたくさんあります。

そこで今日は2020年12月にリニューアルOPENした、上越・高田のおはぎ専門店「おはぎの春の屋」さんをご紹介します!

▼ この記事の目次

上越・高田「おはぎの春の屋」とは

お皿の上のおはぎ
店主の手によって丁寧に作られた美しいフォルム…いつ見てもうっとり♡

日本三大夜桜で有名な上越・高田の高田城址公園。

高田城址公園からほど近くに「おはぎの春の屋」さんがあります。

春の屋さんは地元でも珍しい出来立ておはぎの専門店で、おはぎの作り置きをしません。

いつでも出来立てのおはぎが味わえるとあって、地元では予約必至のおはぎとも言われています。

待望のリニューアルオープンでイートイン併設

春の屋の外観

2011年に車庫を改装して始まったお店は、2020年12月にリニューアルオープンしました。

店内にはカウンターとテーブルのイートインスペースが設けられ、出来立てほやほやのおはぎをその場で頂くことができます。

自家製プリンをはじめ、きなこ飴やさつまいもクッキーなどの手作りお菓子が新たに仲間入り。

「余計なものは入れない」にこだわって作られた、体にやさしい自然派お菓子が魅力です。

クセになる雑穀の食感と香ばしさ

雑穀

一般的におはぎはもち米と小豆で作られます。

しかし、春の屋さんのおはぎはひと味違います。

もち米に7種類の雑穀(丸麦・黒米・ひえ・もちきび・黒豆・赤米・押し麦)を混ぜることで、雑穀特有の食感と香ばしさがプラスされ、もち米と北海道産小豆の自然な甘みを引き立たせてくれます。

また防腐剤や添加物を一切使用せず、全て国産素材を使用するというこだわりも。

健康志向派にもおすすめのおはぎ

雑穀には食物繊維やミネラル・ビタミン類が含まれています。

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、血糖値の急上昇を抑制したり、コレステロールの吸収をおだやかにする作用があることで知られています。

精白米ひえあわきびの栄養成分比較
参考:文部科学省「五訂日本食品標準成分表」

もち米や精白米と比べると糖質量に大差はありませんが、糖質の吸収を緩やかにするという点では、雑穀の方が健康志向な方におすすめです。

春の屋さんのおはぎは甘さ控えめで、普段あまり甘いものを食べない人でもペロリと食べれます。

変わり種おはぎ「ヨモギおはぎ」「蓮おはぎ」

壁に貼られたおはぎの写真
筆者のおすすめはきな粉とヨモギ♪

おはぎ専門店というだけあり、おはぎの種類が豊富にあるのも春の屋さんの魅力。

定番は小豆・きな粉・胡麻・さくら。上越ならではのものを味わいたい方は「ヨモギ」「蓮(ハス)」がおすすめです。

ヨモギおはぎは、思わず驚いてしまうほどたっぷりのヨモギが入っていて、爽やかな香りが餡子の甘みと絶妙にマッチします。

ハスおはぎは高田城址公園をイメージしたもの。桜の花びらと蓮根が乗っていて、高田のお土産としても喜ばれる一品です。

「おはぎの春の屋」へのアクセス

日本三大夜桜で有名な高田城址公園から北側に車で5分ほど。青田川近くの住宅街にあります。

  • 所在地:新潟県上越市北城町3丁目16−12
  • 営業時間:10時~18時(日曜・月曜定休)
  • TEL:025-525-3066

※記事掲載時点の情報です。最新の営業情報は店舗にお問い合わせください。

いかがでしたか?

高田公園の観桜会は宴会禁止になりましたが、おはぎを食べて、気分だけでも春を楽しんではいかがでしょう。

上越・高田へお越しの際はぜひ一度ご賞味ください🌸