懐中電灯とヘルメット

こんにちは、ホウライスタッフです!

9月1日は「防災の日」です。

地震や台風、豪雨、土砂災害、津波、火山噴火…。日本は災害大国と呼ばれるほど、数多くの自然災害に見舞われてきました。

過去の災害から学んだことを生かして、自分や家族の身を守るために「防災対策」を行いましょう!

▼この記事の目次

「防災の日」とは

1923年(大正12年)9月1日に関東地方で発生した関東大震災。

甚大な被害をもたらしたこの震災の教訓を忘れず、災害への備えを行おうという意味をこめて、1960年(昭和35年)、内閣の閣議了解により「毎年9月1日は防災の日」とし、この日を含む1週間を「防災週間」と制定されました。

防災の日が制定された背景には、1959年9月に上陸した伊勢湾台風のように、この時期に台風による災害が発生しやすいということもあったようです。

「防災用品点検の日」は年4回

9月1日の防災の日のほかに、年4回、防災用品点検の日があります。

防災用品点検の日は、毎年3月・6月・9月・12月の1日です。

防災用品点検の日には、防災グッズや災害時持ち出しバッグの中身を点検したり、自宅・職場周辺の避難経路などを確認して、防災への意識を高めることが大切です。

賞味期限がある飲料水食料品、経年劣化しやすい電池バッテリーは、定期的に点検を行って新しいものに交換しましょう。

災害用備蓄品 何日分が必要か

2011年(平成23年)3月11月に発生した東日本大震災では、道路網の寸断により物流に混乱が生じたため、十分な量の食料を調達するのに3日以上かかったそうです。

また、電気の復旧は1週間以上、水道の復旧に10日以上かかった地域もありました。

乾パンと塩飴

備蓄品が必要となるのは、自然災害が発生した場合だけではありません。新型感染症や新型インフルエンザ等が流行した場合も、食料や衛生用品の供給不足や、欠品・品薄状態になることが予想されます。

さらに、感染拡大防止のために不要不急の外出を控えることを余儀なくされる場合、買い物すら困難になることが考えられます。

これらの事態を想定して、最低でも3日~1週間分の備蓄品を用意することが望ましいでしょう。

1人当たりの備蓄量の目安

最低でも3日分の災害用備蓄が必要と言われても、3日分の具体的な量はなかなか想像できないものです。

一般社団法人 日本気象協会による発表資料を基に、1人当たりの3日分の備蓄量を見てみましょう。※3日分の目安が必要な品目のみを掲載しています。

1人当たり3日分の備蓄量目安

品名具体例1人当たり3日分の備蓄量目安
ペットボトル飲料水1日3リットル×3日分=計9リットル
主食アルファ化米、レトルトご飯など1日3食=計9食
非常食乾パン、ビスケット、おかず系の缶詰、レトルト食品、栄養補助食品、お菓子(チョコレート、飴)など

各1~5食

日用品乾電池10本
ライター/マッチ、ガムテープ、軍手、ロープなど1つ以上
衛生用品簡易トイレ1日5回=計15回
トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ウエットティッシュ、ビニール袋、使い捨てカイロなど必要量に応じて
紙おむつ、生理用品1日5枚=計15枚
救急用品常備薬(処方薬)、市販薬、救急箱常備薬1ヵ月分(使用期限に注意)、市販薬1箱
その他携帯バッテリー、ラジオ(手回し式、充電式など)1つ以上
皿、コップ、箸など必要量に応じて
毛布、給水タンク、カセットコンロ、缶切り、ナイフ、洗面セットなど1つ以上
衣類、下着、タオル3セット以上

非常食簡易計算ツール(東京海上日動)」を使えば、ご家族全員分の食料品の備蓄量を計算することができます。

避難生活中は栄養が不足したり偏りがちになります。高血圧の方は減塩タイプのものにしたり、栄養バランスを考えて保存食を選びましょう。

また災害用備蓄とは別に、貴重品(現金・預金通帳・印鑑・健康保険証など)、眼鏡、常備薬などをすぐに持ち出せるように準備しておきましょう。

子どものための災害用備蓄品

被災時は衛生環境がいつも通りに整わないので、乳幼児や小さなお子さまをお連れの方は不安だと思います。

おむつなどの日用品はもちろん、子ども用の食料備蓄も定期的にチェックしましょう。最近は、水や電気による調理を必要としない保存食が増えています。

アイクレオ液体ミルクと哺乳瓶

アイクレオ 赤ちゃんミルク 125ml」は水に溶かさず常温のままで飲める液体ミルク。無菌パック製法により、常温で6ヵ月間の長期保存が可能です。

使い捨て哺乳瓶と箱

こちらの「使い捨て哺乳瓶」をあわせて使えば、きれいな水道水を使えない状況や、洗剤が無い状況でも、安心して赤ちゃんにミルクをあげることができます。

パウチに入ったリゾット

出典:石井食品株式会社

水がなくても温めなくても食べれる「石井食品 リゾット3種セット」は、旅行やアウトドアにも活躍する保存食です。常温で5年間保存可能(製造日から1920日)。

無添加調理のおかゆタイプなので、小さなお子さまからご高齢の方まで美味しく食べられます。

食物アレルギー特定原材料28品目不使用。トマト味のイタリアン、かつおだしが効いた和風、とうもろこしの甘さが引き立つ洋風の3種。

※記事掲載時点の情報です。詳細は各メーカーのホームページをご確認ください。

豪雨・土砂災害から身を守る「避難スイッチ」

避難所に向かうことだけが避難行動ではありません。

自治体による避難勧告が発令される前に、既に大規模な水害が発生していたり、避難経路が寸断される恐れもあります。行政に頼るだけでなく、いかに適切な避難行動をとれるかが生死の分かれ目になるかもしれません。

避難スイッチ

2018年の西日本豪雨では、住民たちが事前に決めた「避難スイッチ」のおかげで、一人も犠牲者が出なかった地域もあります。

家族や近隣の住民と「避難スイッチ」を決めて、いつ災害が起きてもすぐにスイッチを入れられるように練習しておきましょう。

3つの「避難スイッチ」

①行政による避難情報

「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始情報」、「警戒レベル4 避難勧告・避難指示」などが発令されたとき

②周辺環境の異変

雨の量や強まり方、川の流れ、水路の増水、泥の臭いがするなどの異変に気付いたとき

③他者からの働きかけ

自分はまだ大丈夫と思って避難しなかったが、近隣の住民が避難し始めたときや、「一緒に避難しよう」と声かけがあったとき

災害時のマンホールトイレ事情

災害により電気や上下水道が寸断されてしまうと、家庭の水洗トイレが使用できなくなることがあります。

トイレを我慢すると健康被害につながる恐れもあります。被災中や避難所生活でのトイレ問題について、家族みんなで確認しておきましょう。

災害用トイレセット

出典:ASKUL

災害用トイレは凝固剤で汚物を素早く固めるタイプが主流です。「マイレット 災害用トイレセット」は、ご家庭やオフィスなどトイレが備わっている場所であれば、便器に袋をかぶせるだけで誰でも簡単に使えます。

組立式トイレ茶色

出典:Amazon.co.jp

屋外や車などトイレが備わっていない場所や、また地震などによりトイレが損壊してしまった場合は、組み立て式の簡易トイレがあると便利です。

こうした携帯用トイレ用品以外の手段として「マンホールトイレ」があります。

糸魚川のマンホール

マンホールトイレとは、その名の通り、上下水路にあるマンホールを災害用トイレとして使用するものです。

でも、道の真ん中で用を足すのはちょっとハードルが高いですよね。

最近のマンホールトイレは、上部にテントのような覆いや専用の便器を設置することができ、被災時も快適なトイレ環境をつくる工夫がされています。

簡易トイレ

中にはテントが固定できる仕様になっているものもあり、キャンプさながらの本格的な環境です。

トイレとテント

何事も事前準備が重要です。

指定された避難所や施設周辺にトイレがあるか、自宅の周辺にマンホールトイレが設置できる場所があるかを確認してみましょう!

スマートフォンで防災「緊急時情報の設定」

もしも災害時や避難中に倒れてしまったら、救助員や周囲の人に、自分の健康状態や薬の服用状況などを伝えるのは難しいことです。

スマートフォンの「緊急時情報」は、ロックを解除しなくても、現在服用している薬・血液型・アレルギー・臓器提供・本人の緊急連絡先などを参照することができる機能です。※iPhoneの場合は「メディカルID」という同様の機能があります。

もちろん、スマートフォンのロックを解除しなくても個人情報を見れるというリスクがありますので、すべての情報を入力する必要はありません。

「緊急時情報」を設定してみよう

①「設定」から>「システム」をタップします

②「端末情報」>「緊急時情報」をタップします

③ 「情報の編集」をタップして、必要な情報を入力します(全てを入力する必要はありません)

※端末機種によって表示画面が異なる場合があります。

スマートフォン画面

すると、次のような緊急時情報が完成します。

「+連絡先の追加」の画面から、家族やかかりつけの医療機関の連絡先を登録すると、スマートフォンを拾った人がその連絡先に発信することもできます。

スマートフォン画面

ロック画面下にある「緊急/情報」から緊急時情報をタップするだけで、あなたの健康状態などを確認することができます。

持病がある方や、継続的に薬を服用している方はもちろん、今は健康に不安がない方も万一に備えて登録することをおすすめします。

災害はいつどんな形で発生するかわかりません。

「防災の日」は防災の準備をする日ではなく、きちんと防災ができていることを確認するための日だと思って、日頃から万全の防災対策に取り組みましょう!