こんにちは、ホウライスタッフです♪

早速ですが皆さん、最近は体を動かしていますか?

在宅ワークが急速に広まったことで、運動不足や生活習慣の乱れを感じている方も多くいらっしゃると思います。コロナ太りや自粛太りも気になりますが、実は、夏は太りやすい時期なので要注意です!!

「夏太り」の原因と対策と知って、太りにくい体づくりを目指しましょう!

▼ この記事の目次

「夏太り」の意味とは

夏は暑くて汗をたくさんかくし、食欲が減退するから痩せる…と思う方も多いのではないでしょうか。ところが実際にはその逆で、むしろ夏の方が太りやすいと言われています。

出典:ウーマンウェルネス研究会公式サイト「ウェルラボ」

ウーマンウェルネス研究会の調査によると、「夏太り」する人は「夏痩せ」する人の3倍も多いのだそう。暑いから〇〇する、暑いから〇〇しないといった夏特有の生活習慣が夏太りにつながります。

※花王とPanasonicの協賛により、女性の健康づくり支援を目指して医師・専門家・企業が集い発足した研究会。

夏太りを招く5つの原因

夏太り解消・予防のためには、太る原因を知ることが重要です。そこで、夏太りの主な原因と言われる5つの要素についてご説明します。

原因① 基礎代謝が低下する

人間の体にはホメオスタシス(生体恒常性)という仕組みが備わっています。ホメオスタシスとは、外界の環境が変動しても体の状態や機能を一定に保つ仕組みのことを意味します。

私たちの体は恒常性の働きによって、外気温に関わらず体温を36~37℃に維持しています。では、ホメオスタシスと基礎代謝にはどんな関係があるのでしょうか?

基礎代謝とは、運動や活動を行わない状態で1日に消費されるエネルギーのことで、体温維持のために消費されるエネルギーも含まれます。一般的に、体温と外気温の温度差が大きいほど基礎代謝量は増加します。

夏は外気温が高いですから、体内で熱を発生させて体温を維持する必要がないのです。結果的に基礎代謝が低下することになります。

原因② 活動量が減少する

暑い日は外に出たくないものです。しかし外出の機会が減ったり、普段は歩いて移動する距離も車や電車を使うようになると、1日あたりの活動量が減少します。

活動量の減少は基礎代謝の低下につながりますから、結果として脂肪を溜め込みやすい体になってしまうのです。

また、活動量低下や運動不足は筋肉量の低下にもつながります。筋肉量が減ることで、更に基礎代謝が低下するという悪循環に陥ることも考えられます。

原因③ 冷房で身体が冷える

夏は冷房のきいている場所で一日中過ごす、お風呂は湯船につからずシャワーだけという方も多いですよね。

熱中症を予防するためにはクーラーや扇風機が欠かせませんが、クーラーは室内だけなく身体も冷やします。さらにお風呂をシャワーだけで済ませることで、どんどん身体が冷えてしまいます。

身体が冷えると代謝が低下し、血行不良によるむくみの原因にもなります。特に普段からむくみやすい人や、汗をかきにくい体質の人は水太りに注意しましょう。

原因④ 冷たい飲食物で内臓が冷える

暑~い日に食べたいものと言えば、アイスクリームやかき氷、炭酸飲料、キンキンに冷えたビール、ざるそば、そうめん等々…ひんやり冷たくて美味しいものばかり!!

冷たい飲食物を食べ過ぎると「内臓冷え(内蔵型冷え性)」を引き起こすことがあります。

内臓冷えは便秘・下痢や血行不良のほか、自律神経の乱れによる不眠や免疫機能の低下といった様々な不調の原因になります。免疫機能が低下すると、風邪や感染症にかかるリスクが高まったり、夏バテしやすい身体になる。

内臓冷えの主な症状
  • 便秘・下痢
  • むくみ
  • 片頭痛、肩こり
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 免疫機能低下

また、冷たい飲食物以外にもストレスや疲労、運動不足が内臓冷えの原因になることも。夏場は暑さや湿気、室内外の気温差でもストレスや疲労が蓄積しますから、身体の内側からケアすることが大切です。

冷房による冷えと比べて、内臓冷えは自覚症状がわかりにくいため日頃から注意しましょう。

原因⑤ 栄養バランスが乱れる

夏バテ気味だと食欲不振になることもありますよね。たくさん食べてないから痩せるはず!と思うかもしれませんが、むしろ食事量の減少による「栄養不足」は肥満の大敵。

暑い日の食事は、アイスクリームや炭酸飲料など糖質を多く含む食品や、さっぱり食べれるのどごしの良い麺類、スタミナがつく丼物など炭水化物が多いメニューに偏りがちです。

たんぱく質・ビタミン類・ミネラルが不足すると代謝が低下して太りやすくなるだけでなく、体内の調節機能低下にも悪影響を及ぼします。

特に、筋肉づくりに必要なたんぱく質・必須アミノ酸糖質や脂肪の代謝を促すビタミンB群を積極的に摂取するよう心がけましょう。

夏太りを解消する3つの習慣

夏に太りやすく痩せにくい理由がわかったところで、具体的にどんなことに気をつければ良いのでしょうか?食事・環境・運動ごとの対策を見ていきましょう。

対策① 食事改善で代謝アップ!

◎温かいメニューを一品加える

冷たい飲食物の一気飲みや大量摂取を避け、できる限り温かい食べ物と一緒に食べるようにしましょう。夏野菜をたっぷり使ったスープならビタミンも摂取できますよ!

◎食べ過ぎたら2~3日以内にリセット

万一食べ過ぎてしまった場合は、2~3日程のうちに食事メニューを調整し、胃腸への負担を軽減するよう気をつけます。

◎代謝を上げる食材を取り入れる

冷たいお菓子や麺類ばかり食べると栄養が偏り代謝低下につながります。良質なタンパク質・ビタミン・ミネラルをバランス良く取り入れるよう日頃から意識しましょう。

タンパク質+ビタミンB群を多く含む食品
豚肉、レバー、マグロ、カツオ、サバ、ウナギ、イワシ、納豆など
ビタミンB群を多く含む食品
玄米、大豆、パプリカ、ほうれん草、サツマイモ、バナナなど

生姜やニンニク、キムチ等の発酵食品を組み合わせれば、身体の内側を温める効果も期待できます。

対策② むくみ・冷えを解消する!

◎エアコンは室温が27~28度になるように設定

これはエアコン自体の設定温度を28度にするという意味ではなく「室温が28度」であるということ。冷え対策と同時に熱中症対策にも注意し、ご自身の体調に合わせて無理のないよう温度調節をおこなってください。

◎薄手のカーディガンやストールを持ち歩く

自宅では気をつけていても、飲食店や電車内などは冷蔵庫の様に冷えていることがあります。外出時は薄手のカーディガンやパーカーストールを携帯すると安心です。

◎入浴&マッサージ・ストレッチ

お風呂はシャワーだけで済ませずに、少しの時間でも良いので浴槽につかるようにしましょう。入浴後にリンパマッサージやストレッチを行えば、更に血行促進とむくみ改善が期待できますよ。

対策③ 適度な運動で痩せやすい身体に!

炎天下での激しいスポーツや屋外活動は危険ですが、室内や涼しい環境でも、軽い運動を継続して行うことで代謝低下を予防することができます。

◎「肩甲骨ストレッチ」で効率よく脂肪燃焼

肩甲骨周りには、脂肪燃焼を活発にしてくれる「褐色脂肪細胞」があります。褐色脂肪細胞を刺激すれば、脂肪を燃焼しやすい身体に。肩こり解消にも効果的なので、継続的にストレッチを行ってみましょう!

資料:イラストAC/Maman26さん

◎涼しい時間帯にウォーキングをおこなう

ウォーキングは身体への負担が比較的少ないため、運動が苦手な方にもおすすめです。ランニング・水泳と比べると消費カロリーは劣りますが、腕を大きく振って肩甲骨周りを動かしながら歩くことで、全身の代謝を上げることもできます。

日焼け熱中症対策として、夕方以降の涼しい時間帯に行うこと、涼しくても20~30分おきに水分補給を行うことを意識しましょう。

◎室内で簡単な運動をおこなう

ラジオ体操、ヨガ、ストレッチは運動不足で凝り固まった身体をほぐしてくれます。血行が促進されることで、自律神経の乱れや冷えの原因解消にもつながります。

脂肪を燃焼したい!という方には、DVDや動画を見ながら行う筋トレやダンスエクササイズも効果的ですよ♪

夏太り”以外”の原因を疑う

さて、ここまで「夏太りの原因と対策」についてお話してきましたが、自己判断だけでは危険なケースもあります。

「毎日運動しているのに体重が増えた」

「炭水化物を抜いたら、急に体重が落ちて疲れやすくなった」

「むくみ対策をしても手足がパンパンにはれている」

その症状、もしかすると夏太りが原因ではないかもしれません。

例えばむくみの場合、心臓や腎臓、肝臓、甲状腺等の機能障害が原因であることも考えられます。また、炭水化物抜きダイエットのように過度な減量を行うと、集中力が低下したり、疲れやすくなるといった低血糖の症状があらわれることもあります。

体重増加以外の症状がみられるときや、少しでも他の原因が疑われるときは、かかりつけの医療機関または薬局に相談しましょう。