こんにちは、ヒスイ調剤薬局スタッフです!

ヒスイ調剤薬局では、11週間にわたって薬学実習生を受け入れておりました。今回の実習生は2名!しっかりもの女子とノリのよい男子(正反対でいいコンビ)。

今回は実習の様子を少しご紹介しますね♪

 

薬学部生の実習ってどんなことするの?

皆さんご存知の通り、薬学部が6年制になり、5年生のときに薬局11週間&病院11週間の実習が実施されます。

調剤の体験はもちろん、実際に患者様の服薬指導も担当させていただきます。

ご協力いただきました患者さま、本当に有難うございました。

 

はじめは大丈夫か!?と思っていた患者さまとの会話も、終盤には少し冷や汗少なめに見守ることができるように。

(見守って聞いているこちらの方が緊張…ひよこの成長を見守る母鳥の気持ちです🐣)

 

近くの小学校の学校薬剤師業務にも同行します。

こちらは教室内の照度をはかっている様子です。

もちろん、薬剤師の仕事は薬をお渡しするだけではありません。患者様がよりくつろげる空間づくりも大切。

お店のツリーを飾ったりしました。

未来の薬剤師たちへ

11週間もいるとすっかりお店の一員になります。

最終週にみんなでゴハンにも行きましたが、1年目のKくんと実習生のSくんの迷コンビを見れなくなるのは本当に寂しいです。

業務しながらの指導なので十分な時間を確保することが難しく、完璧な指導にはほど遠かったと思いますが、

学校で習ったことが「薬局」という場所でどんな仕事とリンクしているのか

テキストの勉強だけではわからないことがわかってもらえたらいいな

薬局の仕事って面白いって思ってもらえたら嬉しいな

という気持ちで実習指導を行っています。

 

薬剤師としてデビューするには1年数か月後の国家試験にパスする必要がありますが、この2人なら大丈夫!と信じています。

きっと立派な薬剤師になって社会に貢献してくれると思います。

再来年の春、よい知らせを期待しています🌸