こんにちは、アライ調剤薬局です🍁

寒~い日が続くと煮物やスープが恋しくなりますよね。この季節に食べたい野菜といえば「カボチャ」。

カボチャを食べると肌が黄色くなる?種も食べられる?そんな「カボチャと健康」にまつわるウワサについてお話しましょう。

▼ この記事の目次

かぼちゃの旬はいつ?

カボチャの断面

国内で栽培されるかぼちゃは主に7月~8月に最盛期を迎え、食べごろの旬は9月~12月の秋から冬になります。

なぜ収穫期と旬の時期にズレがあるのでしょう?

カボチャの種類や産地にもよりますが、獲れたてのカボチャは水分が多く、甘みは少ないです。このカボチャを2~3ヵ月ほど寝かせて追熟させることで、甘みが増して美味しいカボチャになるのです。

「野菜は新鮮なうちに食べるもの」というイメージがありますが、カボチャは逆というわけなのです。

カボチャはなぜ風邪予防にいいの?

カボチャの煮物

カボチャは昔から風邪の予防にいい食材と言われています。では、どうして風邪の予防によいと言われるのでしょうか?

ビタミンACEの働き

カボチャの黄色い部分には、体内でビタミンAとして働く「β-カロテン」が豊富に含まれています。

「β-カロテン」には粘膜や皮膚の細胞を強くしたり、抗酸化作用によって免疫力を高める働きがあります。

さらにカボチャは、同じく抗酸化作用のある「ビタミンC」を豊富に含みます。

ビタミンACEと抗酸化パワー

ビタミンCはビタミンA・ビタミンEと一緒に摂取することで、相乗効果で抗酸化作用を高めることが期待できます(=ビタミンACE)。

「免疫力が低下すると風邪や感染症にかかりやすくなる」と言われるように、風邪予防には抗酸化作用のある栄養素を取り入れることが大切です。

このビタミンACEを同時に補えることが、カボチャが風邪予防に良いとされる理由と言えるかもしれません。

カボチャは美容や美肌にいいって本当?

頬に両手をあてる女性の顔

カボチャには皮膚の細胞を強くしてくれる「ビタミンA」、シミ対策コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC」など美肌づくりに欠かせない栄養素が詰まっています。

また、皮やヘタに含まれる「食物繊維」には、便秘の予防をはじめとする整腸作用があります。

腸内環境が整うことで、体内に溜まった老廃物や毒素が排出され、睡眠の質や肌トラブルの改善が期待されます。

さらに食物繊維には、血糖値の急上昇を抑えたり、肥満・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病に対する予防効果が認められています※1。美しく健康的な体づくりのためにも摂っていただきたい栄養素です。

※1 厚生労働省「e-ヘルスネット 食物繊維の必要性と健康
※2 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

カボチャを食べ過ぎると皮膚が黄色くなる?

「ミカンを食べ過ぎると皮膚が黄色くなる」という話を聞いたことはありませんか?

これは「柑皮症」といい、動植物に含まれる黄色や赤色のカロテノイド色素の過食によって引き起こされる症状です。

柑皮症になりやすい食材は、ミカンやカボチャトマトニンジンマンゴーほうれん草シソの葉などです。

大体の場合は、β-カロテンを多く含む食品の過剰摂取を中止することで、自然に症状が改善すると言われています(腎臓疾患等の場合を除く)。

カロテンの多い食品を食べていないのに皮膚が黄色くなったり、黄色が濃くなった場合は、早めにかかりつけの医療機関に相談しましょう。

カボチャの種やワタも食べられる?

ドライフルーツとカボチャの種のシリアル

「カボチャの種とワタは捨てる」という方も多いですよね。一般的に捨ててしまいがちな種・皮・ワタにも多くの栄養素が含まれているんです。

カボチャの種はビタミンEやミネラルが豊富。天日干しした種をローストして、皮をむけば食べることができます。

皮やワタには食物繊維がたっぷり。スープや煮物にすると繊維が柔らかくなり、皮やワタも丸ごといただけます。

食物繊維の過剰摂取は、体質によってお腹を壊したり便秘を招くおそれがあります。ご自身の体調に合わせて適量を心がけましょう。

カボチャの栄養素を逃がさない調理方法

黄色いカボチャのスープ

カボチャに多く含まれるβ-カロテンは、熱に強く油に溶けやすい脂溶性ビタミンです。そのため油と一緒に摂取すると、体内へより効率よく栄養素を取り入れることができます。

一方、ビタミンCは熱に弱く水に溶けやすい水溶性ビタミン。一般的にビタミンCは加熱調理をすると壊れてしまいます。

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン

しかしカボチャの場合は、豊富なデンプンや食物繊維がビタミンCを包み込み、加熱しても壊れにくいという特徴があります。

水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンのどちらも無駄なく摂るためには、煮込み料理やお味噌汁、スープ、ポタージュにしていただくのがおすすめです。

おすすめは「食べきりサイズ」

坊ちゃんかぼちゃと黄色いパプリカ

カボチャは好きだけど大きくて食べきれないという方には、手のひらサイズの「坊ちゃんカボチャ」がおすすめ。

しっとりホクホクしていて、黄色が濃く甘みもたっぷり。何より一度で使い切れるサイズなのでとても便利です。

カボチャとひき肉あんかけ

我が家の定番は「カボチャのひき肉あんかけ」。

調理は簡単ですが、カボチャだけでは足りない動物性タンパク質も同時にとれるので、お子さまがいらっしゃるご家庭にもおすすめです!

カボチャはアレンジ自由自在の万能野菜。ポテトサラダのジャガイモの代わりにカボチャを使うだけで、いつもと違う色鮮やかなサラダの出来上がり!

もちろん鉄板のカボチャスイーツも・・・♪

お家時間が増えた今だからこそ、栄養たっぷりなカボチャを使って色んなお料理に挑戦してみては!?