こんにちは、ミユキ調剤薬局スタッフです🍀

毎日の手洗いや消毒が欠かせません。

ふと自分の手を眺めると、乾燥でシワシワになっているような……そこで重要なのが ハンドケア👏

今回は「ハンドクリームの目的別選び方&正しい塗り方」をご紹介します。

▼ この記事の目次

手荒れを起こす主な原因

手荒れの原因は必ずしも乾燥によるものとは限りません。乾燥と思い込んでいたら、実は手湿疹だった!なんてこともあります。

まずはご自身の手荒れの原因を知って、症状・原因に合わせたハンドケアを行いましょう。

手荒れの主な原因

  • 手洗い石鹸、食器用洗剤の使用による乾燥

  • アルコール消毒液の使用による乾燥

  • ゴム手袋の使用によるアレルギー反応

  • 刺激性が原因の手湿疹

ハンドクリームを塗るタイミング

手にクリームを塗る

一般的に手荒れの原因は乾燥にあります。

空気の乾燥や摩擦、水仕事などにより肌の水分量が低下することで乾燥が起こります。乾燥を防ぐためには、正しいタイミングでハンドクリームを塗ることが大切です。

ハンドクリームを塗るタイミングと注意点

  • 家事・手を使う作業のにハンドクリームを塗る
  • 家事・手を使う作業のもハンドクリームを塗る
  • 水仕事のときは肌に合った手袋を着用する
  • 空気が乾燥した環境(特に冬の時期)では、1日3~5回を目安にハンドクリームを塗る

 

アレルギーや手湿疹の症状がある人は、市販のハンドクリームを塗り続けると症状が悪化する場合もあります。

乾燥以外の原因が疑われる場合は、かかりつけの皮膚科医や薬局に相談しましょう。

ハンドクリームの種類は主に3つ

ハンドクリームは種類が多すぎて、「どれを選べばよいかのかわからない」という方も多いですよね。

薬局などで売られているハンドクリームは、「保湿系・ビタミン系・尿素系」の大きく3種類に分類されます。

では、どのように使い分ければ良いのでしょうか?

「保湿系」は乾燥・かさつきに

ハンドクリームのチューブ

手の乾燥を防ぐためには、皮膚へ潤いを与えたあと、水分を外へ逃がさないようすることが大切です。

保湿系ハンドクリームは、セラミドなどの「保湿成分」だけでなく、シアバターやホホバオイルに代表される「植物性の油」が水分の蒸発を防ぎます。

保湿系ハンドクリームは香りの種類が豊富で、さっぱり系やこっくり系などテクスチャーも様々です。

保湿系ハンドクリームの特徴

こんな時におすすめ
  • 乾燥しやすい
  • 白っぽい粉がふく
  • こまめに保湿したい
主な成分セラミド、コラーゲン、スクワラン、ヒアルロン酸、シアバター、ホホバオイル、オリーブ油など
主な市販品
  • ロクシタン
  • クナイプ
  • 花王『ニベア』
  • ユニリーバ『ヴァセリン』
  • メンソレータム『薬用ハンドベール』など

※商品によってはワセリン(石油を精製して作られる保湿剤)が配合されています

「ビタミン系」はひび割れ・あかぎれに

ビタミン系ハンドクリーム

ひび割れやあかぎれは、手荒れが進行しているサイン。

より入念な保湿ケアに加えて、血行を良くして肌の再生を促すことが大切です。

ビタミン系ハンドクリームには、皮膚の再生を促すはたらきがあるビタミンB2ビタミンEが配合されています。

また、保湿成分としても知られるビタミンCは、皮膚細胞へのダメージを減らし、回復力を高める働きがあると言われます。

ビタミン系ハンドクリームの特徴

こんな時におすすめ
  • 指がガサガサしている
  • ひび割れやあかぎれがある
  • 水仕事による手荒れが気になる
  • 水に強いハンドクリームがいい
主な成分ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンC
主な市販品
  • ユースキン『ユースキンA』
  • キスミー『薬用ハンドクリーム』
  • ロート製薬『メンソレータムメディカルビタミンクリーム』など

「尿素系」は皮膚のゴワつきに

尿素ハンドクリーム

ガサガサ・ゴワゴワしている手には、尿素系ハンドクリームがおすすめです。

尿素は高い保湿力だけでなく、硬くなった角質を柔らかくする働きがあります。

ただし、肌が弱い方や敏感肌の場合は、尿素がかえって肌のバリア機能を低下させる可能性があります。

また、尿素がひび割れなどの傷口に入り込み、患部を悪化させてしまうこともあります。ひび割れ・あかぎれがある時は使用を避けましょう。

尿素系ハンドクリームの特徴

どんな人におすすめ?
  • 手指がガサガサする
  • ごわつきを柔らかくしたい
  • ヒビ・あかぎれの症状は無い
主な成分ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンC
主な市販品
  • 興和薬品『ケラチナミンコーワ20%』
  • 花王『アトリックス 尿素10%クリーム』
  • 資生堂『尿素10%クリーム』
  • 資生堂『薬用モアディーブ』など

ハンドクリームの正しい塗り方5ステップ

手の平にクリームをとる
1.ハンドクリームを手に適量とる
  • チューブタイプは2~3cm程(人差し指の先から第一関節まで)
  • 缶タイプは1.5~2cm程(濃厚なクリームは量を調節する)

2.数秒ほど両手ですり合わせて温める

ハンドクリームを手のひらで温めることで、お肌への浸透力がアップします。

クリームを指で塗る
3.手の甲全体にクリームを広げる
4.手指のすみずみまで塗り込む

指1本1本、シワに沿って付け根から爪まで塗り込みます。関節まわりも忘れずに塗りましょう。

手をすり合わせる
5.両手の指を組んで滑らせるように擦り込む

塗り残しが無いように、指と指の間までまんべんなくクリームを伸ばします。

※保湿しているのに手荒れが治らない場合は、手湿疹や皮膚疾患の恐れもあります。早めにかかりつけの皮膚科や薬局にご相談ください。

ホウライの薬局一覧はこちら😊